ウェスモンゴメリー

ウェスモンゴメリー

Add: jiqote88 - Date: 2020-12-11 08:38:39 - Views: 284 - Clicks: 8334

ウェス・モンゴメリー / ウェスズ・ベスト : ベスト・オブ・ウェス・モンゴメリー・オン・レゾナンス (Wes Montgomery / Wes&39;s Best: The Best of Wes Montgomery on Resonance) CD Import 日本語帯・解説付. ウェス・モンゴメリーは1923年3月6日、インディアナ州 インディアナポリスに生まれる. ウェス・モンゴメリーのギターのタッチも軽やかにイージーリスニング ジャズを奏でます。 この楽天的な「イージー」な感じが、昼下がりのカフェに似合いそうなおしゃれ感をかもし出しています。. 20 音追い人:タワレコ・オリジナル企画盤のススメ. More ウェスモンゴメリー images. ジャズ・ギターの革命児ウェス・モンゴメリーが、持てる力の全てを発揮した驚異的(インクレデイブル)な傑作。 ピックを使わず親指で暖かい音色を鳴らし、独特のオクターヴ奏法やコード奏法を駆使して快演を聴かせる。. See full list on serai.

ウェス・モンゴメリーの「TheIncredibleJazzGuitar」って何で録音悪いのでしょうか? HQCDに買い直しても「FullHouse」の録音に遠く及ばず、音が籠ってます。これが50年の録音ならこんなものかと思いますが、60年のステレオ録音ですから。. ウェス・モンゴメリー 『One Night in Indy』 スリリングなプレイ味わえるエディ・ヒギンズ・トリオとの競演ライヴ盤. それは、ウェス・モンゴメリー・トリオとして数ヶ月後にリヴァーサイドから発売された。 ポール・パーカーとメル・ラインの伴奏について疑問を抱く者もいたが、ウェスの素晴らしいギター演奏技術は素晴らしかった。.

カリフォルニア・ナイツ2:31 5. John Leslie Montgomery、ことウエス・モンゴメリーは1923年3月6日、インディアナポリスに生まれている。そして、1935年、後年グループを組むことになる兄に買ってもらったのが“テナー・ギター”という、4弦で中低音を受け持つ半分ベースのようなギターだった。. アーティスト:ウェス・モンゴメリー/ドン・セベスキー/ドン・セベスキー・オーケストラ ほか 曲目タイトル: 1. さていよいよ本題です。ジャズで求められる演奏技術は、たんに楽譜に忠実なだけではダメで、それが「ジャズとして魅力的な個性表現」でなければいけないのです。これはけっこう難しい。 つまり目標が作曲者の意図の反映といったひとつに絞られず、やれ「ジャズとして」だとか「個性的表現」だとか、おまけに「音楽としても」などと連立方程式ではありませんが条件が多すぎる。 そこでウェスが登場するのですね。彼はこうした面倒極まりない条件をすべて最高度のレベルでクリアしているのです。 まずは「音楽として」という条件です。これはちょっと抽象的な条件と思われるかもしれませんがじつは、いちばん簡単。その理由は、私のようにジャズ入門者でも、すぐに「いいな」と思えるところです。「ジャズ入門者」は当時の私も含め、ジャズの聴きどころをまだよく摑めていません。しかし、ごく普通の音楽ファンとしての「心地よい演奏~いい音楽」という、きわめて自然な感受性はおおむね備わっているものなのです。 次の条件はもっと抽象的かもしれません。「ジャズとしての魅力」といわれてもすぐには答えられませんよね。しかしこれも意外にシンプル。これまたジャズ入門者の私が「ジャズ・ギターっていいなあ」って思えたからです。つまり、あまりジャズに親しんでいなくても、漠然とではあれジャズに抱いているイメージを、ウェスはわかりやすく伝えているのですから、まさに「ジャズとして」も優れているのです。 そして最後の条件「個性的表現」です。これもわかりやすい。 ウェスのアルバムのうち、最初に気に入ったのが前述の『フル・ハウス』だったのですが、ほぼ同時期にピアノの名手ウィントン・ケリーとウェスが共演したアルバム『ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオ』もまた好きになったのです。 お恥ずかしい話ですが、当時の私はあまりジャズマンの区別がつきませんでした。ジャズ・ギタリストはみな一緒くたに聴こえたのです。しかしその中でも不思議なことに、ウェスの演奏は「これは同じミュージシャンだ」と聴き分けられたのですね。バカバカしい話のようですが、じつはこれこそが「ジャズマンの個性」なのです。 さて、結論です。音楽的に優れジャズっぽくて入門者にも親しみやすく、しかも誰が演奏しているのかがすぐにわかるような個性的テクニックの持ち主が、ウェス・モンゴメリ. 男が女を愛する時2:54 4.

ア・デイ・イン・ザ・ライフ5:48 2. ウェス・モンゴメリー ( 英: John Leslie "Wes" Montgomery 、 1923年 3月6日 - 1968年 6月15日 )は、 アメリカ合衆国 の ジャズ ・ ギタリスト 。. ア・デイ・イン・ザ・ライフ 2. wes montgomery / ウェス・モンゴメリーの商品一覧です。新品cdからレコード、紙ジャケ、中古のレア盤など各種を取り扱う、ディスクユニオン・オンラインショップです。. ウェス・モンゴメリー最新CDシングル・アルバム, DVDやブルーレイの購入・予約は全品送料無料の楽天ブックスで!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想やランキング情報も満載。. ウェス・モンゴメリーの本名はジョン・レスリー・モンゴメリーで、“ウェス”は愛称。彼は1923年(大正12)にアメリカ中東部インディアナ州の大都市インディアナポリスで生まれました。 兄のモンク・モンゴメリーはベーシストで、弟バディ・モンゴメリーはピアノとヴァイヴラフォンを弾くともにジャズ・ミュージシャン。彼らはウェスとともに「ザ・モンゴメリー・ブラザーズ」として活躍し、アルバムも残しています。 兄のモンクは弟思いで、音楽に興味を持ち始めたウェスのために、なけなしのお金をはたいて質屋で買った4弦ギターをプレゼントしたのです。ウェスは兄の思いに応えるため猛練習、12、13歳のころには独学でかなり上手になっていたそうです。 20歳になるころジャズ・ギターの開祖といわれたチャーリー・クリスチャンのレコードを聴いて深く感銘を受け、6弦ギターを購入、「耳を頼りに」クリスチャンのソロを完全にコピーできるまでになったのです。 この経歴はかなり重要で、ウェスは専門の音楽教育をまったく受けていないのですね。どうやら楽譜も満足に読めなかったようです。しかし、それ以上に驚かされるのは「にもかかわらず」ウェスの演奏は完全に「ジャズ理論」に合致しているのです。 この事実は、いわゆる「音楽理論」といわれるものが「聴いて心地よい音」の集大成であることを示しているのですね。つまり、ウェスの優れた感受性は、歴史的に積み重ねられた「良い音の選び方」を、自然と身につけていたのです。 ウェスはそのころ大人気のヴァイヴラフォン奏者ライオネル・ハンプトンがインディアナポリスを訪れた際、オーディションを受け、見事楽団員に採用されます。1948年のことでした。そしてウェスはハンプトン楽団員として全米をツアーするのですが、ここからが彼らしいのです。 飛行機嫌いのウェスは、メンバーが飛行機で移動する際、ひとりだけ自動車を運転して行ったというのです! アメリカは広い、これは疲れるでしょう。それやこれやでウェスはハンプトン楽団を辞めてしまい、故郷に戻り音楽活動も一時は中断してしまうのです。50年のことでした。 しばらくして兄モンク、弟バディらとバンドを再開し、地元インディアナポリスで評判をとるようになります。その後兄弟バンドはニューヨークでオーディションを受けたりもしているのですが、あまり芳しい結果は出ません。 思うに. ウェス・モンゴメリー(wes montgomery)の「カリフォルニア・ドリーミング」(california dreaming)です。 VERVEのオリジナル・ステレオ盤になります。ヴァン・ゲルダー・スタジオで録音されたようで、「VAN GELDER」の刻印が見えます。. bigbag99さんのブログです。最近の記事は「音楽 jazz「the incredible jazz guitar」ウェス・モンゴメリー(画像あり)」です。.

ウェス・モンゴメリーの楽曲をレコチョクでダウンロード。「Round About Midnight 」「While We&39;re Young 」「Something Like Bags 」など最新曲(新着順)やランキング(人気順)をチェック。. ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery) 1923年米国インディアナ州インディアナポリス生まれ。19歳からギターを始め、親指によるピッキング、オクターヴ奏法、和音を駆使したフレージングなど独創的なプレイでジャズ・ギターに革命をもたらした。. ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery 1923年~ 1968年)は完璧過ぎてつまらないという意見もあるようですが、私はそこが魅力だと思っています。安心して聴ける、気分を上げてくれる、スリリングなジャズもいいけれど、安定のジャズもいいものです。. そんなウェスにチャンスが訪れます。 まずはジャズ評論家ガンサー・シュラーがインディアナポリスを訪れ、彼の圧倒的なテクニックと音楽性の高さを好意的に伝えた記事をジャズ雑誌に寄稿します。次いでアルト・サックス奏者キャノンボール・アダレイがかの地を訪れ、ウェスの演奏に感銘を受け、当時彼が契約していたリヴァーサイド・レーベルのプロデューサー、オリン・キープニュースに「凄いギタリストがいる、彼と契約すべきだ」と告げたのです。 そして1959年に初リーダー作『ウェス・モンゴメリー・トリオ』をリヴァーサイドに録音し、その実力にしては遅めのデビューとなったわけです。以後前出の名盤『フル・ハウス』など多くのアルバムを出し、ジャズ・ギターの帝王としての地位をゆるぎないものにしていきます。64年にはヴァーヴ・レコードに移籍し、ウィントン・ケリーと、これも私の大好きな前出の名盤『ハーフノート~』を出すなど、まさに脂の乗りきった活躍をしています。 しかし、皮肉なことに、この時期ウェスは人気がありながら一種のジレンマに陥るのです。それはヴァーヴ・レコードのプロデューサー、クリード・テイラーの方針によって、よりポピュラーなファン層にも受け入れられるようなアルバム作りが企画されたからです。 当時ビートルズ旋風が全米を襲い、レコード業界にもその余波が及んでいました。それまで数千枚単位の売り上げで満足していたジャズ・レーベルも、数十万単位の売り上げが見込めるロック・アルバムと対抗していく必要に迫られたのです。ですからテイラーの方針そのものは非難できないのですが、従来のジャズ・ファンは違和感を抱き、ウェス自身も新たなポピュラー路線と本来のジャズ・ギタリストとしての立場の乖離に悩んだのです。 そうした状況の中、67年にはテイラー自身が起こした新レーベルA&M/CTIにウェスは移籍し、ビートルズ・ナンバーを収録した『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』を録音しますが、なんとこのアルバムは全米ジャズ・チャートの首位だけではなく、総合チャートの13位にまで進出したのです。まさにジャズがポップスに対抗したのですね。 このアルバムは日本のジャズ喫茶でも大流行し、これを聴いてウェス・ファンになった方々もきっと多いことかと思います。そういう意味では、テイラーの企画が多くの音楽ファンをウェスに出会わせ、そしてジャズ入門に導.

ウェス・モンゴメリーというギタリストは、親指で弦を弾くピッキングや、オクターブ奏法のテクニック的な面のみが喧伝されている気がする。 しかし、こうした奏法のみならず、ウェスの魅力は、そのグルーヴィなノリと、モダンな和声センスにも求める. ウェス・モンゴメリー(g,) ハービー・ハンコック(p,1940-現在) ロン・カーター(b,1937-現在) グラディ・テイト(ds,1932-現在) レイ・バレット(perc,) ドン・セベスキー編曲・指揮のオーケストラ 1. ジャズギタリストのウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery 1923年~ 1968年)。.

Wes Montgomery (ウェス・モンゴメリー)氏はアメリカ合衆国インディアナ州出身のジャズギタリストです。 ギターを始めたのは20歳からと比較的遅めですが圧倒的なセンスと耳の良さを持ち親指でピッキングする当時独特だった奏法を開発しました。. 〈ジャズ定番シリーズ“jazz the best”more 50〉ハンク・ジョーンズ・トリオ+コンガをバックにウェス・モンゴメリーが快演を展開。. ギター好きな私とすればジャズ・ギターの大御所「ウェス・モンゴメリー(1923年~1968年)」を忘れるわけにはいかない。「チャーリー・クリスチャン」が編み出した単弦奏法を継承して、よりモダンなジャズギターとして昇華させた功績は大きい。70年代のフィージョン時代からは「ジョン. ウェスモンゴメリーの定番フレーズです。F7b9=Fdimという解釈で、ディミニッシュコードを短三度づつ移動させています。コードソロに使い. オクターブ奏法はウェス・モンゴメリーが考え出したものだと思っていましたが、ジャンゴ・ラインハルトがすでに弾いていました。「マイナースイング」ジャンゴ・ラインハルトの文章を見てください。1分17秒から21秒のところと1分31秒から35秒のところが.

ウォッチ・ホワット・ハプンズ2:44 3. 〈ジャズ定番シリーズ“JAZZ THE BEST”Legendary〉完全生産限定盤/オクターヴ奏法によってジャズ・ギターの可能性を拡大したウェス・モンゴメリーが、オルガン奏者のメル・ラインと組んでソウル・フィーリングを横溢させたプレイを披露する。. ウェス・モンゴメリーは1923年3月6日、インディアナ州 インディアナポリスに生まれる。彼の"ウェス"というあだ名は、彼のミドルネームであるレスリーを短縮したものと言われている。. シングル 「 ウィンディー (Windy)」は、モンゴメリーにとって最大のヒット曲となり、 Billboard Hot 100 で最高11位まで上昇した。 それまで、 ウェスモンゴメリー リバーサイド・レコード や ヴァーヴ・レコード に録音を残していたモンゴメリーは、 A&Mレコード と契約を交わした。. ウェス・モンゴメリー の cd、dvd、blu-ray、アーティストグッズのオンラインショッピングならuniversal music store。ストア限定、オリジナル特典商品も。. ウェス・モンゴメリー/インクレディブル・ジャズ・ギター 価格 ¥3,300(税込) ウェス・モンゴメリー/モンゴメリーランド 価格 ¥1,650(税込) ウェス・モンゴメリー/ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー. More ウェスモンゴメリー videos.

ウェス・モンゴメリー(英: John Leslie "Wes" Montgomery 、1923年 3月6日 - 1968年 6月15日)は、アメリカ合衆国のジャズ・ギタリスト。オクターブ奏法で一世を風靡した。 経歴. ウェス・モンゴメリーの実際に演奏する動画は極めて貴重です。 Live in &39;65 (3本のギグ、3組のバンド演奏)の映像が残されています。 ウェスの演奏を少しだけかじってみたい方には、彼の見事な指さばきが確認できる、ロンドンでのライヴ映像が残されてい. タグ ウェス・モンゴメリー, ハービー・ハンコック ウェス・モンゴメリー 『フル・ハウス』 Wes Montgomery “Full House” 074 このページを読む →. アルバム・1966年・11曲。 Apple Musicのサブスクリプションに登録すると利用できます。無料で体験する。. adco-1 ウエス・モンゴメリー Wes Montgomery(1923年3月6日ー 1968年6月15日) 一世を風靡して45歳で没したジャズギタリスト ウエスが残した名盤の中から、いくつかを聴いて彼の足跡を辿りたいと思います。 ただし順不同です。 男が女を愛する時 (A Day In The Life) CTIレーベルが全力を投入したイージー. ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリーとウィントン・ケリー mqa/uhqcd 発売日.

ウェス・モンゴメリー 撰者:大橋 郁 【Amazon のCD情報】 このアルバムが録音されたのは、1968年5月。そして、一か月後の6月にウェス・モンゴメリー(g)は、心臓発作が原因で45歳で亡くなった。.

ウェスモンゴメリー

email: kufym@gmail.com - phone:(323) 681-2479 x 2825

企業会計通論 - 神森智 - きらたかし サトシとチーコ編

-> 夜の牙 - 石原裕次郎
-> Visual C++ 5.0プログラミング 基礎編 - 田中正造

ウェスモンゴメリー - 野村総一郎 精神疾患と身体疾患を併せ持つ患者 精神科身体合併症マニュアル


Sitemap 1

大阪弁看板考 - 札埜和男 - こども討論会